2009年10月27日

参加者のおひとりから「脳死カフェ」(10/18)のレポートをいただきました

ここに全文引用いたします.

科学ひろば 「脳死カフェ」に参加して
10月18日 大井第二区民集会所 13:30〜16:00

9月に柳田邦男の「犠牲 わが息子・脳死の11日」を読み、インターネット
で脳死を調べていたところ、このサイエンスカフェが見つかり、参加を申

込みました。

これまでにいくつかのサイエンスカフェに参加したことがありますが、学
校や公的機関が主催のものであり、「科学ひろば」のように一般の方が主
催しているサイエンスカフェは初めてでした。

主催者、ゲストを含めて15名程の人数で、テーブルを囲むような形で参加
者がすわり、最初にゲストの高橋さきのさんから自己紹介と家族(母)の
脳死体験について、お話をお聞きしたうえで、今年の7 月13日に成立した
改正臓器移植法についての新聞報道を読んで、参加者各人がこの法律につ
いて賛成か、反対か意見を述べた。各人の意見は、はっきりと賛成、反対
は各々1〜2名程度で、おおまかには、脳死、移植を認めないわけではな
いが、法律には納得できないという意見が多かったと私には捉えられまし
た。

ひと通り各人が意見を出し合った後、高橋さんへの問いかけという形を中
心とした活発な議論が行われた。高橋さんは、先生が質問に答えるという
ような感じではなく、参加者と一緒に問題を考え、どう考えるべきかとい
うような筋道を示すような形で一つ一つの質問に丁寧に答えられ、今まで
に私が参加したサイエンスカフェとは雰囲気が異なるものでした。

脳死という問題は医療の進歩により、人工呼吸器ができたことと、移植技
術が進歩したことで発生してきた問題です。現在の医療技術では移植以外
には治療が出来ない病気の方が多数おられ、日本ではドナーが少ない為、
海外で移植を受ける方がいるというニュースも聞いたことがあります。し
かしイスタンブール宣言が発行されたことで、海外での移植は困難になる
可能性が高いので、今回の法改正が急がれたのかもしれないという意見も
あります。

今回の法改正にて認められたドナーの意思表示が無い場合、家族の判断で
臓器移植を可能にするのは、家族に大きな負担を掛けることになり、反対
です。ドナーになれるのは、はっきりとドナーの意思表示をした人に限定
すべきだと考えます。

私は法改正以前の問題として、厚労省を初めとした公的機関がドナーを増
やそうという努力をどれだけしてきたのだろうかということに疑問を持ち
ます。今回のサイエンスカフェに参加された方の中に移植そのものに反対
された方、自分はドナーになりたくないとはっきり言われた方の割合は少
ないものでした。世間一般も同様とは言えませんが、多くの人は意識を持
っていないように思え、脳死と移植医療について厚労省は広く説明と理解
を得る努力をすれば、ドナーの登録者をある程度までは、増やせるのでは
ないかと思います。

冒頭に述べました、「犠牲 わが息子・脳死の11日」の中に次のような文
章がありました。

「死を大事にするとは死にゆく時間を大事にすること」

この通りだと思います。死に行く者とそれを見送る者が死を受け入れる心
の用意ができるまでの時間を充分に持てるような医療の体制であってほし
いと思います。

2009年10月27日
斉藤 学


posted by K_Tachibana at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

サイエンスアゴラ2009に出展します!(11/3)

「クローズアップ! 第4期科学技術基本計画」と題し,科学新聞の中村直樹記者
とともに第4期科学技術基本計画策定に向けての動向や,科学技術政策全般につい
て,ざっくばらんな雰囲気で意見交換できればと思っております.

☆ ☆ ☆

●サイエンスアゴラ2009「クローズアップ! 第4期科学技術基本計画」

日時 :2009年11月 3日(火・祝)10:30〜12:00
場所 :日本科学未来館7F 会議室1(CR1)
    東京都江東区青海2-41
ゲスト:中村直樹さん(科学新聞記者)
参加費:無料(飲み物なし・持込み可能)
申込み:不要(予約不要・ご自由にご参加ください)
主催 :科学ひろば
posted by K_Tachibana at 22:03| Comment(0) | TrackBack(1) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

第11回 科学ひろばサイエンスカフェ(10/18)募集を締め切りました

*********************************************************
第11回 科学ひろばサイエンスカフェ
    脳死カフェ
     〜脳死って移植の問題なの?
*********************************************************

一般の生活者が,日常生活の中で科学を話題にし,語り合う機会はなかなか
ありません.けれども,科学はとても身近で重要な課題です.

私たち「科学ひろば」は,科学について単に知識を得ることにとどまらず,
ゲストの方を交えて対話し,参加者それぞれが考える「場」をつくることが
重要と考えています.

非研究者の一般社会人で構成されたメンバーのもと,生活者の目線にこだわ
ってサイエンスカフェを行っています.

☆ ☆ ☆

今回は,脳死をテーマに取り上げます.

脳死とは何でしょう? 誰が脳死と決めるのでしょう?
過日,国会での議決を経て成立した臓器移植法で脳死が定義されましたが
脳死というのは,そもそも臓器移植の問題としてとらえるべきものなので
しょうか?

最初に,脳死の部分を中心に臓器移植法を目通ししていただいたうえで,
脳死について個々のご意見やご感想について自由に話し合ってみたいと思
います.

そのあと,これまでの議論をふまえて,1980年代から脳死問題についてつ
かず離れず観察してこられ,また,具体的な脳死の現場に家族としてたち
あわれた経験をおもちの高橋さきのさん(翻訳家)とともに,さらに議論
を深めてみようと思っております.どうぞお気軽にご参加ください.

☆ ☆ ☆

日時 :2009年10月18日(日)13:30〜16:00
場所 :品川区大井第二区民集会所 第2集会室
    東京都品川区大井2-27-20(大井町駅から徒歩10分)      
テーマ:脳死カフェ
     〜脳死って移植の問題なの?
ゲスト:高橋さきのさん(翻訳家)
参加費:800円(会場代,資料代および飲み物代等として)
申込み:会場および資料準備の都合で,事前申込みをお願い致します.
    (先着順で締め切らせていただきます)
    ※今回は,運営の都合上,申込み人数を10名までとさせていただ
     きます
    ※開催当日の参加キャンセルは,ご遠慮ください

主催 :科学ひろばサイエンスカフェ
    
参加希望される方はタイトルに「科学ひろば申込み」と明記のうえ,お名前
と参加人数をメールでお申し込みください.

申込みはこちらへお願いします.

追記:
定員になりましたので,申込みを締め切らせていただきます.
お申込みいただき,まことにありがとうございました.
posted by K_Tachibana at 22:00| Comment(1) | TrackBack(0) | サイエンスカフェ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。