2010年09月05日

第13回 科学ひろばサイエンスカフェ(10/31)参加者募集を開始しました

*********************************************************
第13回 科学ひろばサイエンスカフェ
    メディアってなに?
     〜情報デザインについて考える
*********************************************************

一般の生活者が,日常生活の中で科学を話題にし,語り合う機会はなかなか
ありません.けれども,科学はとても身近で重要な課題です.

私たち「科学ひろば」は,科学について単に知識を得ることにとどまらず,
ゲストの方を交えて対話し,参加者それぞれが考える「場」をつくることが
重要と考えています.

一般社会人で構成されたメンバーのもと,生活者の目線にこだわってサイエ
ンスカフェを行っています.

☆ ☆ ☆

あなたはメディアと聞いてなにを思い浮かべますか?
新聞? テレビ? ラジオ? インターネット? それともアマチュア無線?

今回はゲストに,MELL platz(メル・プラッツ)の水島久光さんをお呼びい
たします.水島さんとともに,ここちよいカフェでメディアとのつきあい方
について考えてみませんか.

どうぞお気軽にご参加ください.


水島久光(東海大学)
http://prog.pr.tokai.ac.jp/utokai/TkpJin?p_kubun=01&p_shoc=851700&p_kyoushoc=191013

MELL platz(メル・プラッツ)
http://mellplatz.net/

☆ ☆ ☆

日時 :2010年10月31日(日)14:00〜16:00
場所 :お米café - Makiba Style -
    東京都港区芝5-35-3 女性と仕事の未来館2F
    (JR田町駅三田口から徒歩3分)
テーマ:メディアってなに?
     〜情報デザインについて考える
ゲスト:水島久光さん(東海大学文学部広報メディア学科,メル・プラッツ)
参加費:800円(飲み物代,デザート代を含む)
申込み:会場および資料準備の都合で,事前申込みをお願い致します.
    (締切 10月17日,ただし先着順につき早めに締め切る場合があります)
    ※会場の都合上,申込み人数を15名までとさせていただきます.
    ※開催当日の参加キャンセルは,ご遠慮ください.

主催 :科学ひろばサイエンスカフェ
    
参加希望される方はタイトルに「科学ひろば申込み」と明記のうえ,お名前
と参加人数をメールでお申し込みください.

申込みはこちらへお願いします(会場に問い合わせないでください).


posted by K_Tachibana at 21:52| Comment(0) | TrackBack(1) | サイエンスカフェ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

第12回 科学ひろばサイエンスカフェ「京都議定書のゆくえ 〜〜低炭素経済に向けた 新たな合意形成の動き」(3/7) 無事終了しました!

報告が遅れましたが,今回も盛り上がりました.

今回のサイエンスカフェに参加された青木雅昭さんに,参加者レポート
を書いていただきましたので,転載いたします.

続きを読む
posted by K_Tachibana at 23:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

第12回 科学ひろばサイエンスカフェ(3/7)参加者募集を開始しました

*********************************************************
第12回 科学ひろばサイエンスカフェ
    京都議定書のゆくえ
     〜低炭素経済に向けた 新たな合意形成の動き
*********************************************************

一般の生活者が,日常生活の中で科学を話題にし,語り合う機会はなかなか
ありません.けれども,科学はとても身近で重要な課題です.

私たち「科学ひろば」は,科学について単に知識を得ることにとどまらず,
ゲストの方を交えて対話し,参加者それぞれが考える「場」をつくることが
重要と考えています.

非研究者の一般社会人で構成されたメンバーのもと,生活者の目線にこだわ
ってサイエンスカフェを行っています.

☆ ☆ ☆

今回は,京都議定書の問題点と,低炭素経済に向けた新たな合意形成の動き
について取り上げます.

京都議定書の問題は,なんだったのでしょうか?
世界全体の二酸化炭素排出量を時系列に分解してみると,どのような事実が
見えてくるのでしょうか?
科学的根拠に基づいて,全地球的な低炭素経済をめざすためには,具体的に
どのようなことが必要でしょうか?

マスコミ報道からはなかなか見えてこない,科学技術に関わる社会問題の本
質について,データをもとにした議論をを深めてみようと思っております.
どうぞお気軽にご参加ください.

☆ ☆ ☆

日時 :2010年 3月 7日(日)14:00〜16:00
場所 :品川区大崎第二区民集会所 第1集会室
    東京都品川区大崎2-9-4 大崎ウエストシティタワーズ1F
    (大崎駅新東口下車徒歩3分)
テーマ:京都議定書のゆくえ
     〜低炭素経済に向けた 新たな合意形成の動き
ゲスト:本多清之さん
    (北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科博士後期課程)
参加費:800円(会場代,資料代および飲み物代等として)
申込み:会場および資料準備の都合で,事前申込みをお願い致します.
    (先着順で締め切らせていただきます)
    ※会場の都合上,申込み人数を15名までとさせていただきます.
    ※開催当日の参加キャンセルは,ご遠慮ください.

主催 :科学ひろばサイエンスカフェ
    
参加希望される方はタイトルに「科学ひろば申込み」と明記のうえ,お名前
と参加人数をメールでお申し込みください.

申込みはこちらへお願いします.
posted by K_Tachibana at 21:43| Comment(0) | TrackBack(2) | サイエンスカフェ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

臓器の移植に関する法律の運用に関する指針の一部改正(案)についての意見募集(〜12/17)

先月,厚労省から「臓器の移植に関する法律の運用に関する指針の
一部改正(案)についての意見募集」が発表になりました.

臓器の移植に関する法律施行規則の一部を改正する省令(案)
についての意見募集について(e-Gov)


先日の脳死カフェでもご紹介いたしましたように,臓器移植法は本
年に改正され,本人意思が不明な場合であっても,家族の承諾によ
って脳死判定・臓器摘出を可能とすることや,臓器提供の意思に併
せて,書面により親族への臓器の優先提供の意思を表示することが
できること等が盛り込まれました.施行前に「運用に関する指針」
を改正する必要があることから,国民より意見を求めています.

今月17日まで受付しているそうです.
取り急ぎ,情報提供いたします.

ご参考まで.
posted by K_Tachibana at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

サイエンスアゴラ2009「クローズアップ! 第4期科学技術基本計画」無事終了しました!

enokiさんに,Twitter中継ログをまとめていただきました.
多くの方にお越しいただき,まことにありがとうございました!

ここ
posted by K_Tachibana at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。