2013年02月24日

第15回 科学ひろばサイエンスカフェ「出生前診断を考える」(仮)(4/20)参加者募集を開始しました

参加者募集を開始しました.


*********************************************************
第15回 科学ひろばサイエンスカフェ
    出生前診断を考える(仮)
*********************************************************

一般の生活者が,日常生活の中で科学を話題にし,語り合う機会はなか
なかありません.けれども,科学はとても身近で重要な課題です.

私たち「科学ひろば」は,科学について単に知識を得ることにとどまら
ず,ゲストの方を交えて対話し,参加者それぞれが考える「場」をつく
ることが重要と考えています.

非研究者の一般社会人で構成されたメンバーのもと,生活者の目線にこ
だわってサイエンスカフェを行っています.

☆ ☆ ☆

今回は,日本学術振興会PD特別研究員の渡部麻衣子さんをゲストにお
迎えして,「出生前診断」をテーマとして取り上げます.

出生前診断とは,広義には妊婦や胎児の健康管理,適切な分娩法の選択
を目的として胎児の健康状態を把握するために実施する検査および診断
のことです.ほとんどの妊婦が経験する超音波診断も広義には出生前診
断のなかにふくまれます.

一方,狭義には胎児の疾患や障害を積極的に発見するために行われる検
査および診断があります.
妊婦の血液から染色体異常がある確率を算出する母体血清マーカー検査,
妊娠15週から18週の妊婦のおなかに針を刺して羊水を採取する羊水検査,
妊娠10週前後に絨毛(じゅうもう)と呼ばれる胎盤の組織の一部を採取
する絨毛検査などがあります.

2012年8月に国内の複数の医療機関が妊娠初期の段階で妊婦の血液から
高い確率で胎児のダウン症などを診断できる,
いわゆる新型出生前診断を導入予定であることが報じられました.

出生前診断には,あらかじめ胎児の健康状態を知ることで適切な対処が
できるというメリットもある一方で,生命の選別や障害者の排除につな
がる懸念も表明されています.

今回のサイエンスカフェでは,出生前診断の是非を語る前に,
そもそも「私たちにとって出生前診断とは何なのか?」を参加者の皆さま
と共に考え,語り合う場にしたいと考えています.

会場の関係上,必ず事前予約申し込みをお願いします.

※注意※
なお,今回のサイエンスカフェは研究を目的として,ビデオ撮影および録音
を実施いたしますので,あらかじめご了承願います.
論文等に発表する場合には,個人が特定できないよう十分に配慮いたします.

☆ ☆ ☆

日時 :2013年 4月20日(土)14:00〜16:00(13:30開場)
場所 :ラボカフェ@本郷(東京メトロ本郷三丁目駅より徒歩3分)
    東京都文京区本郷4-1-3 明和本郷ビル7F
    (東京チカラめしのあるビルの7Fです)    
テーマ:出生前診断を考える(仮)
ゲスト:渡部麻衣子さん(日本学術振興会PD特別研究員)
    (参考)研究ブログ
参加費:700円(コーヒーか紅茶、お菓子付)
定員 :12名(先着順)
申込み:会場および資料準備の都合で,事前申込みをお願い致します.
    ※開催当日の参加キャンセルは,ご遠慮ください
主催 :科学ひろばサイエンスカフェ

参加希望される方はタイトルに「科学ひろば申込み」と明記のうえ,お名前
と参加人数をメールでお申し込みください.

メールに(1)参加される方の氏名,(2)連絡先のメールアドレス(または
電話番号),(3)参加人数をご記入の上,お申込みください.
また,話してみたいこと,ゲストの方や他の参加者に聞いてみたいことなどあ
りましたら,あわせてお知らせください.
お約束はできませんが,できる限り要望には応じていきたいと思っております.

申込みはこちらへお願いします.


posted by K_Tachibana at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンスカフェ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

第14回 科学ひろばサイエンスカフェ(10/6)参加者募集を開始しました

*********************************************************
第2回 千葉市科学フェスタ2012メインイベント
第14回 科学ひろばサイエンスカフェ
    ハンドブックでよみとく法と科学の世界
*********************************************************

一般の生活者が,日常生活の中で科学を話題にし,語り合う機会はなかなかありません.けれども,科学はとても身近で重要な課題です.

私たち「科学ひろば」は,科学について単に知識を得ることにとどまらず,ゲストの方を交えて対話し,参加者それぞれが考える「場」をつくることが重要と考えています.

一般社会人で構成されたメンバーのもと,生活者の目線にこだわってサイエンスカフェを行っています.

☆ ☆ ☆

科学には,教科書に載っているような「安定期の科学」と,新発見を求めて日々探求されている「作動中の科学」というふたつの側面があります.でも一般の人たちにとって「作動中の科学」についてはあまり知られていません.

ゲストの松原さんは,地球化学から科学技術と社会の関係について考える,科学技術社会論に専門分野を変え,PISA(OECD生徒の学習到達度調査)で求められるような科学的思考法,さらに法廷における科学の取り扱われ方に関心をもちつつ,科学技術社会論という分野を通じた地道な実践活動を続けておられます.

今年8月にようやく印刷までこぎつけた「法と科学のハンドブック」,さらに1990年代に出版され現在絶版になっている高校生向けの科学技術社会論の入門書「シスコン・イン・スクール」を参照しながら,科学のもつ二面性,法と科学のとらえかたの違いについて考えてみたいと思っています.

どうぞお気軽にご参加ください.

☆ ☆ ☆

日時 :2012年10月 6日(土)13:30〜15:30
場所 :千葉市ビジネス支援センター会議室4
    千葉市中央区中央4-5-1 きぼーる15F
    (千葉市科学フェスタ2012メインイベント会場)
テーマ:ハンドブックでよみとく法と科学の世界
ゲスト:松原克志さん(常磐大学国際学部教授)
参加費:無料(飲み物付き)
申込み:必要(締切 9月26日,定員多数の場合は抽選)
主催 :科学ひろば
申込み:千葉市科学フェスタ2012事務局
    
参加希望される方はタイトルに「メインイベント応募」と明記のうえ,
festa-sc@kagakukanQ.com (千葉市科学フェスタ2012事務局)あて
お申し込み下さい
e-mailには
- 参加希望者の氏名(ふりがな)
- 住所
- 電話番号
- 参加希望のイベント名(科学ひろばサイエンスカフェ)
を記入お願い致します.

※会場の都合上,申込み人数を36名までとさせていただきます.
※応募者多数の場合は抽選となります
※締切後定員に満たない場合は締切後も随時受け付けます(定員になり次第終了)
posted by K_Tachibana at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンスカフェ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

<関連情報>法と科学の哲学カフェ「合理性の衝突」の紹介(12月19日)

法と科学の哲学カフェ「合理性の衝突」

<概要>
法学者には法学者の,科学者には科学者のロジックがあります.しか
も法学者と科学者は,お互いのロジックの違いについて熟知している
わけではありません.

法と科学の哲学カフェ「合理性の衝突」では,法学と科学のゲス
トを囲んで,お互いの立場から意見を闘わせます.従来のリーガルカ
フェやサイエンスカフェでは味わうことのできなかった"異種格闘技"
を存分にご堪能ください.

<ゲスト>
亀本 洋さん(京都大学大学院法学研究科)
村上 祐子さん(東北大学大学院理学研究科)

<ファシリテーター>
立花 浩司(科学ひろばサイエンスカフェ)

<日時・会場>
2010年12月19日(日)午後2時〜4時
サロンド冨山房 FOLIO
(東京都千代田区神田神保町1-3 冨山房ビルB1)

<定員>
40名,主催者に事前申込みをお願いします.空きがあれば当日参加も可.

<参加費>
無料(飲み物を用意します)

<主催>
JST-RISTEX「科学技術と社会の相互作用」領域・研究プロジェクト
「不確実な科学的状況での法的意思決定」


<協力>
科学ひろば

詳細はこちら
posted by K_Tachibana at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンスカフェ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

第13回 科学ひろばサイエンスカフェ(10/31)参加者募集を開始しました

*********************************************************
第13回 科学ひろばサイエンスカフェ
    メディアってなに?
     〜情報デザインについて考える
*********************************************************

一般の生活者が,日常生活の中で科学を話題にし,語り合う機会はなかなか
ありません.けれども,科学はとても身近で重要な課題です.

私たち「科学ひろば」は,科学について単に知識を得ることにとどまらず,
ゲストの方を交えて対話し,参加者それぞれが考える「場」をつくることが
重要と考えています.

一般社会人で構成されたメンバーのもと,生活者の目線にこだわってサイエ
ンスカフェを行っています.

☆ ☆ ☆

あなたはメディアと聞いてなにを思い浮かべますか?
新聞? テレビ? ラジオ? インターネット? それともアマチュア無線?

今回はゲストに,MELL platz(メル・プラッツ)の水島久光さんをお呼びい
たします.水島さんとともに,ここちよいカフェでメディアとのつきあい方
について考えてみませんか.

どうぞお気軽にご参加ください.


水島久光(東海大学)
http://prog.pr.tokai.ac.jp/utokai/TkpJin?p_kubun=01&p_shoc=851700&p_kyoushoc=191013

MELL platz(メル・プラッツ)
http://mellplatz.net/

☆ ☆ ☆

日時 :2010年10月31日(日)14:00〜16:00
場所 :お米café - Makiba Style -
    東京都港区芝5-35-3 女性と仕事の未来館2F
    (JR田町駅三田口から徒歩3分)
テーマ:メディアってなに?
     〜情報デザインについて考える
ゲスト:水島久光さん(東海大学文学部広報メディア学科,メル・プラッツ)
参加費:800円(飲み物代,デザート代を含む)
申込み:会場および資料準備の都合で,事前申込みをお願い致します.
    (締切 10月17日,ただし先着順につき早めに締め切る場合があります)
    ※会場の都合上,申込み人数を15名までとさせていただきます.
    ※開催当日の参加キャンセルは,ご遠慮ください.

主催 :科学ひろばサイエンスカフェ
    
参加希望される方はタイトルに「科学ひろば申込み」と明記のうえ,お名前
と参加人数をメールでお申し込みください.

申込みはこちらへお願いします(会場に問い合わせないでください).
posted by K_Tachibana at 21:52| Comment(0) | TrackBack(1) | サイエンスカフェ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

第12回 科学ひろばサイエンスカフェ(3/7)参加者募集を開始しました

*********************************************************
第12回 科学ひろばサイエンスカフェ
    京都議定書のゆくえ
     〜低炭素経済に向けた 新たな合意形成の動き
*********************************************************

一般の生活者が,日常生活の中で科学を話題にし,語り合う機会はなかなか
ありません.けれども,科学はとても身近で重要な課題です.

私たち「科学ひろば」は,科学について単に知識を得ることにとどまらず,
ゲストの方を交えて対話し,参加者それぞれが考える「場」をつくることが
重要と考えています.

非研究者の一般社会人で構成されたメンバーのもと,生活者の目線にこだわ
ってサイエンスカフェを行っています.

☆ ☆ ☆

今回は,京都議定書の問題点と,低炭素経済に向けた新たな合意形成の動き
について取り上げます.

京都議定書の問題は,なんだったのでしょうか?
世界全体の二酸化炭素排出量を時系列に分解してみると,どのような事実が
見えてくるのでしょうか?
科学的根拠に基づいて,全地球的な低炭素経済をめざすためには,具体的に
どのようなことが必要でしょうか?

マスコミ報道からはなかなか見えてこない,科学技術に関わる社会問題の本
質について,データをもとにした議論をを深めてみようと思っております.
どうぞお気軽にご参加ください.

☆ ☆ ☆

日時 :2010年 3月 7日(日)14:00〜16:00
場所 :品川区大崎第二区民集会所 第1集会室
    東京都品川区大崎2-9-4 大崎ウエストシティタワーズ1F
    (大崎駅新東口下車徒歩3分)
テーマ:京都議定書のゆくえ
     〜低炭素経済に向けた 新たな合意形成の動き
ゲスト:本多清之さん
    (北陸先端科学技術大学院大学 知識科学研究科博士後期課程)
参加費:800円(会場代,資料代および飲み物代等として)
申込み:会場および資料準備の都合で,事前申込みをお願い致します.
    (先着順で締め切らせていただきます)
    ※会場の都合上,申込み人数を15名までとさせていただきます.
    ※開催当日の参加キャンセルは,ご遠慮ください.

主催 :科学ひろばサイエンスカフェ
    
参加希望される方はタイトルに「科学ひろば申込み」と明記のうえ,お名前
と参加人数をメールでお申し込みください.

申込みはこちらへお願いします.
posted by K_Tachibana at 21:43| Comment(0) | TrackBack(2) | サイエンスカフェ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。