第14回 科学ひろばゲストの松原克志さん 科学技術と社会について語る

10/6開催の科学ひろばのゲスト,松原克志さんがUstreamで語っておられます.



Video streaming by Ustream



Video streaming by Ustream
ラベル:ご参考
posted by K_Tachibana at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ご参考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

第14回 科学ひろばサイエンスカフェ(10/6)参加者募集を開始しました

*********************************************************
第2回 千葉市科学フェスタ2012メインイベント
第14回 科学ひろばサイエンスカフェ
    ハンドブックでよみとく法と科学の世界
*********************************************************

一般の生活者が,日常生活の中で科学を話題にし,語り合う機会はなかなかありません.けれども,科学はとても身近で重要な課題です.

私たち「科学ひろば」は,科学について単に知識を得ることにとどまらず,ゲストの方を交えて対話し,参加者それぞれが考える「場」をつくることが重要と考えています.

一般社会人で構成されたメンバーのもと,生活者の目線にこだわってサイエンスカフェを行っています.

☆ ☆ ☆

科学には,教科書に載っているような「安定期の科学」と,新発見を求めて日々探求されている「作動中の科学」というふたつの側面があります.でも一般の人たちにとって「作動中の科学」についてはあまり知られていません.

ゲストの松原さんは,地球化学から科学技術と社会の関係について考える,科学技術社会論に専門分野を変え,PISA(OECD生徒の学習到達度調査)で求められるような科学的思考法,さらに法廷における科学の取り扱われ方に関心をもちつつ,科学技術社会論という分野を通じた地道な実践活動を続けておられます.

今年8月にようやく印刷までこぎつけた「法と科学のハンドブック」,さらに1990年代に出版され現在絶版になっている高校生向けの科学技術社会論の入門書「シスコン・イン・スクール」を参照しながら,科学のもつ二面性,法と科学のとらえかたの違いについて考えてみたいと思っています.

どうぞお気軽にご参加ください.

☆ ☆ ☆

日時 :2012年10月 6日(土)13:30〜15:30
場所 :千葉市ビジネス支援センター会議室4
    千葉市中央区中央4-5-1 きぼーる15F
    (千葉市科学フェスタ2012メインイベント会場)
テーマ:ハンドブックでよみとく法と科学の世界
ゲスト:松原克志さん(常磐大学国際学部教授)
参加費:無料(飲み物付き)
申込み:必要(締切 9月26日,定員多数の場合は抽選)
主催 :科学ひろば
申込み:千葉市科学フェスタ2012事務局
    
参加希望される方はタイトルに「メインイベント応募」と明記のうえ,
festa-sc@kagakukanQ.com (千葉市科学フェスタ2012事務局)あて
お申し込み下さい
e-mailには
- 参加希望者の氏名(ふりがな)
- 住所
- 電話番号
- 参加希望のイベント名(科学ひろばサイエンスカフェ)
を記入お願い致します.

※会場の都合上,申込み人数を36名までとさせていただきます.
※応募者多数の場合は抽選となります
※締切後定員に満たない場合は締切後も随時受け付けます(定員になり次第終了)
posted by K_Tachibana at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンスカフェ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。