2009年04月29日

第10回 科学ひろばサイエンスカフェ(6/21)参加者募集を開始しました

*********************************************************
第10回 科学ひろばサイエンスカフェ
    からだと仲よく
     〜「ほぼ日の健康手帳」を通じて,自分のからだと向き合う
*********************************************************

一般の生活者が,日常生活の中で科学を話題にし,語り合う機会はなかなか
ありません.けれども,科学はとても身近で重要な課題です.

私たち「科学ひろば」は,科学について単に知識を得ることにとどまらず,
ゲストの方を交えて対話し,参加者それぞれが考える「場」をつくることが
重要と考えています.

非研究者の一般社会人で構成されたメンバーのもと,生活者の目線にこだわ
ってサイエンスカフェを行っています.

☆ ☆ ☆

今回は,セルフケア,セルフメディケーションをテーマに取り上げます.

ゲストの本田美和子さんは,内科医で現在,国立国際医療センター戸山病
院・エイズ治療研究開発センターの医長をされています.東京大学の医療
政策人材養成講座を修了され,医療政策に対しても高いモチベーションを
おもちの方です.

以前より,ふだんから自分自身のからだについて知り,自分で自分を守る
ことの大切さを訴えて来られました.1999年4月より2008年6月までの約9年
間,健康・医療をテーマに「ほぼ日刊イトイ新聞」に執筆され,昨年に出
された「Dear DoctorS ほぼ日の健康手帳」の監修をつとめられました.

今回は「ほぼ日の健康手帳」をまとめるにあたっての経緯を伺いながら,
ふだんから自分のからだと向き合うことの重要性,さらに医療政策の話や
感染症等についても,自由に語り合っていければと考えています.

皆さまのご関心に沿って,内容については柔軟に対応していきたいと思い
ますので,どうぞお気軽にご参加ください.

☆ ☆ ☆

日時 :2009年 6月21日(日)14:00〜16:00
場所 :品川区大崎第一区民集会所 第2集会室
    東京都品川区西五反田3-6-3(五反田駅,目黒駅から徒歩10分)      
テーマ:からだと仲よく
     〜「ほぼ日の健康手帳」を通じて,自分のからだと向き合う
ゲスト:本田美和子さん国立国際医療センター,内科医)
参加費:800円(会場代,資料代および飲み物代等として)
申込み:会場および資料準備の都合で,事前申込みをお願い致します.
    (6月20日(土)までにお願いします)
    ※参加希望者多数の場合,申込み先着順とさせていただきます
    ※開催当日の参加キャンセルは,ご遠慮ください

主催 :科学ひろばサイエンスカフェ
    
参加希望される方はタイトルに「科学ひろば申込み」と明記のうえ,お名前
と参加人数をメールでお申し込みください.

申込みはこちらへお願いします.


posted by K_Tachibana at 19:40| Comment(0) | TrackBack(2) | サイエンスカフェ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

今日の読売新聞(東京本社版)朝刊 くらし・家庭面に科学ひろばが

紹介されました.
「生活と司法」という連載記事の中に織り込まれています.

先日のカフェ話題提供者の中村多美子さんと,主催メンバーのひとりである
私のコメントが掲載されております.

科学面ではなく,くらし・家庭面に載ったというところがミソかも.
posted by K_Tachibana at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。